ファクタリングの仕組みについて

ファクタリングとは、企業のもつ売掛の債権を早期資金化する手法になります。

メリットも多いシステムですが、現在トラブルも多くなりますので注意する必要があります。ファクタリングの仕組みは、その会社の持つ売掛金を現金化できることになります。


基本的には、納品やサービス提供がされてから一月後には入金があるものですが、これが遅れる場合やその一ヶ月の間に急遽現金が必要となる場合があります。



そのときに企業が銀行に融資をお願いするには時間が掛かる問題もあります。

また、当然のことながら銀行の融資には審査も必要ですので、その会社の経営状態次第では融資そのものを受けることができない可能性もあります。
このファクタリングであればそのような審査はありませんので、すばやくお金を借りることができます。

そして、その売掛の会社から入金があり次第返済するという仕組みになっています。

もし、その売掛の会社が倒産などしたらその支払いもする必要がありません。

このように、ファクタリングはメリットが何個かありますが、この早期資金化と売掛の会社が倒産しそうでも支払いリスクがないのでリスクを減らすことができるのがメリットといえるでしょう。



つまり、すばやく資金が欲しい会社はこのファクタリングの有用性が非常に高いといえるでしょう。



逆にデメリットといえば、当然のことながら手数料がそれなりにかかることになります。この金額も小さくありませんので、このデメリットと上記のメリットを合わせて比較する必要があります。