ファクタリングの注意点とは

サービスの提供が終了しているにもかかわらず、先方の都合により料金がまた支払われていない部分は売掛と言われています。
その売掛部分を買取ってもらい、その買取金を受け取ることでキャッシュを入手するのがファクタリングです。

一般企業においては勿論のこと、介護保険や医療保険などの保険が関わる事業においては、ファクタリングはその事業を支える仕組みとして広く利用されています。



ファクタリングは、融資とは異なり審査の必要がありません。

審査の結果を待たなければならないと言うこともなく、また貸し借りの関係ではないので、返済も不要で金利が発生しないと言うのも魅力的です。

早い場合には申し込みをした翌日に、どんなに長くても10日くらいで買取、現金の支払いが実行されるので、特に資金繰りが厳しい事業所においては頼りになる仕組みです。

ただしファクタリングの利用には、以下のような点に注意する必要があります。



まずは手数料がかかると言う点です。

そのため最終的に手元に入ってくる現金は、この仕組みを利用しなかった場合と比較すると少なくなってしまいます。

手数料は業者によりかなり差があるので、それを事前に比較しておくのが重要です。
更にファクタリングは、将来的に手元に入ってくる現金を先取りしている状態です。よってそれを利用し続けていると、どんどんと将来、入ってくるはずの現金を先取りしてしまい、資金繰りが厳しくなってしまう可能性もあります。

よっていくら便利な資金調達の方法とは言え、計画的に使用することが求められます。