ファクタリングの手数料が高い理由

どんな業種であろうともビジネスの世界においては常にリスクというのは存在します。

わかりやすい例としては街中にあるコンビニでさえ、いつ何時周りに競合店が出店するかわかりません。競合店の参入は間違いなく大きなリスクになります。

リスクとはつまり成功する確率を減少させる要因のことですが、金融の世界ではそうした確率はとても大きな問題となります。



例えば、銀行は企業や個人にお金を貸し、その返済してもらうお金に利息を上乗せすることで利益を得ています。
しかし、必ず絶対に「返済してもらえる」とは限りません。

貸した人が死亡することもありますし、なにかしらの理由で破産して返済が不可能になることもあります。


ときには意図的に半裁しない悪者がいることもあります。

このようなことがリスクですが、銀行はそのリスクを考慮して利息を決めています。つまり、誰かが返済しないことを想定して利息を決めているので銀行は倒産しないで済むことになります。


難しい言葉でいうなら貸し倒れ率に備えて利息を決めているとも言えます。
これがまさしくファクタリングの手数料が高い理由です。

ファクタリングとは企業の売掛金を買取るサービスですが、売掛金は絶対に回収できるとは限らない性質のものです。銀行の融資の場合は融資先についてしっかりと調査をして審査をして実行しますので返済されない確率は低くなっています。



しかし、ファクタリングの場合は銀行のような事前の審査などが行われませんのでお金を回収できない確率が高くなっています。
それがファクタリングの手数料が高い理由です。

ですが、いろいろなファクタリング会社を比較することは大切です。