ファクタリングの仕組みとメリット

ファクタリングは、先方の都合により支払いが行われていない売掛金をファクタリング業者が買取、その買取金を業者に支払うと言う仕組みです。

売掛金と言うのは、サービスの提供が終了しているにもかかわらず、その対価である料金が支払われていない部分のことです。一般企業においては料金支払いの手間、あるいは事務手数料などを少しでも少なくするために振り込みが一斉に行われることは少なくありません。

つまりその振り込みがなされるまでは、サービスを提供した側にはお金が入ってこないことも珍しくはないと言うことです。

また公的介護保険や公的医療保険においては、サービスを受けた側が窓口で支払うのは全体の一部のみです。



残りの費用に関してはそれぞれの保険で補助されるため、サービス事業所や医療施設などは保険者に保険金を請求する必要があります。

このような際にファクタリングを利用すれば、支払われるべき費用の何割かがファクタリング業者によって支払われます。

ファクタリングのメリットとしては、貸し借りと言う仕組みではないので返済の必要がなく、また利息も発生しないと言う点が挙げられます。



加えて融資の場合には審査、及びそれが通過するまでの時間が必要ですが、この場合は審査は必要なく、最短で2日程度、一般的には10日くらいで現金を受け取ることができます。


融資の場合は負債扱いですが、この場合はあくまでも将来的な利益を先取りしている形なので負債扱いにならないと言うのもメリットです。