ファクタリングを活用して安定した経営を実現

ファクタリングサービスを活用していくことで、銀行に資金を借入することも無く、手軽な資金調達を実践していくことが出来るようになっていきます。
長期的な支払いサイトの売掛債権の回収を待っているよりも、ファクタリングを使って早期に資金を得ていき、経営資源の安定化を実現させていく方が良いでしょう。

売掛金の早期回収という考えには悪いイメージを持つ方がいますが、あくまでも売掛債権の早期回収であり、僅かな手数料金での早期回収が出来るようになっています。



バランスシートに新規借入の記載の必要も無く、早期の資金調達が実現していきます。



ファクタリングを活用するには、銀行の借入申し込みとは違い、担保や連帯保証人の提示の必要もなく、手軽な申請を行っていくことができます。

税金が滞納していたり、公共料金の未払が発生しているような場合でも、柔軟に申し込みを行っていくことができ、手軽に運営資金の調達を行っていくことができます。

売掛債権の取引先が倒産したような場合でも、返済の義務は発生しなく、バランスシートへの新規借入の履歴も発生しないのが、多くの企業がファクタリングを活用している理由でもあります。
キャッシュフローのサイクルが短縮化されていき、資金調達を素早く出来る経営体制を構築していくことで、早い事業展開を実践していくことが出来るようになっていきます。



欧米ではファクタリングサービスを活用しての資金調達は一般的になっています。

資金繰りが安定することで、事業資金の捻出の悩みは消えていきます。