ファクタリングの手数料は業者によってさまざま!

ファクタリングの手数料は消費者金融でお金を借りた場合よりも高くなると言われていますが、ケースバイケースです。

3社間ファクタリングなら業者のリスクが少ないので、手数料は1%~5%が相場となっています。

手数料が1%くらいにおさえられたら、消費者金融どころか銀行カードローンで借りるよりもコストをおさえられるかもしれません。



2社間ファクタリングを利用する場合には手数料は5%~40%くらいが相場となります。



手数料が40%もかかるとなると、とても重大な問題となるでしょう。

500万円の売掛金はそのまま持っていれば500万円の現金にかわります。


しかし、ファクタリングを利用してすぐに現金化をすることで、40%の手数料がとられて300万円になってしまいます。

1回だけ倒産の危機を回避するために利用をするならばよいでしょう。

しかし、2回、3回と継続をするととんでもない損失になってしまいます。



それならば早く倒産をしておいたほうが被害を小さくできたということになっていることもあるので、注意をしておきましょう。

業者によって手数料は異なりますが、基本的には40%もの手数料をとる業者を利用する必要はないはずです。


どこの業者でも審査に通らないというような場合に限って、手数料が高い業者も検討することになるでしょう。


3社間ファクタリングでは取引先に知られてしまうというデメリットがありますが、できることならこちらを利用したいところです。