資金調達はファクタリングを利用しよう

取引で商品を売り上げても、代金の支払いが後払いになることがあります。
こうした後払いは事業者側で仕訳すると売掛金という表記を使います。



売掛金は後で代金が支払われるので資産価値があります。



資産価値があるものは正式な手順を踏めばお金に変えることが可能です。
資金調達で困っている時など、売掛金をファクタリング業者に買い取ってもらうことができます。

売掛金は指定の期日にならないとお金が支払われないのが特徴です。


中小企業などは指定の期日を待つ間に資金難に陥ることが多いので、売掛金を買い取ってもらうのは有効な手段だと考えられます。

ファクタリング業者の売掛金買い取りは二者間契約と三者間契約があります。

売掛債権担保融資が広く知れ渡ってきました。

利用者と業者で行う二者間契約は、取引先に迷惑を掛けることがありません。

逆に取引先の合意を必要とする三者間契約は手間が掛かりますが業者に信用してもらうことができます。

業者を利用するには信用も重要になるので、取引先に協力を要請することも考えておきたいです。
売掛金の買い取り相場は専門業者によって異なります。


利用者や取引先の信用、経営状況なども買い取り相場に影響します。

ファクタリングを初めて利用する時はまだ信用度が低くいので、買取相場も低くなる傾向があります。

一般的な相場だと売掛金の80~95%が買い取り相場になります。

残りの差額はファクタリング業者の取り分になります。金融機関を利用できるならそっちの方が手数料が低くお得です。

ファクタリングは融資でも借入でも無いので、金融機関よりも利用しやすいという特徴があります。

金融機関を利用できない時の代わりとして覚えておくと良いでしょう。